消費者金融と銀行カードローン

キャッシングは、大きく二つに分けることができます。それが、消費者金融銀行カードローン
どちらもお金を貸してくれるものということに違いはないですが、両者のシステムにはさまざまな違いがあります
きちんと調べてみれば、両者がいかに違うか、はっきりわかるはずです。
では、気になる項目ごとにこの二つを比べていきましょう。


審査について~消費者金融が通りやすい!?~

キャッシングについての知識が少しでもある人なら、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが審査が厳しいと聞いたことがあるのではないでしょうか。
しかし現状としては、大手の銀行は審査を消費者金融に委託している場合もあるので、その差はあまりないそうです。

「銀行カードローンには落ちたけど消費者金融なら申し込めた!」という人もいれば、
「専業主婦だから消費者金融では借りられなかったけど、銀行カードローンなら借り入れをすることができたわ」なんて声もあります。

ただ、消費者金融はその金利の高さのために審査が早く、アルバイトや学生でも安定した収入があれば、ほぼ審査に落ちることなく融資を受けることができます。

139509

一方で銀行カードローンは、社会的に地位があり信用されている人に向けてのキャッシングサービスです。
金利が安く高額な借り入れが可能な分、怪しい人には融資をしてくれません。
そのため審査も厳しく、保証会社も必要となります。

自分の社会からの信用に不安な人は、多少金利が高くても消費者金融の利用がおすすめです。
銀行カードローンだけだと審査に時間がかかったあげくに通らない場合があります。


金利について~銀行カードローンがお得~

消費者金融は保証会社等が不要であり、審査のスピードが早く即日融資も可能なため、
銀行カードローンより金利が高めに設定されています。
上限金利は消費者金融の平均が18.0%なのに対し、銀行カードローンは14.5%。その差は誰にでもわかるはず。

減るお金

しかし、無利息キャンペーンなどを行っているのは、ほとんどが消費者金融です。
少ない融資額で、早めの返済のめどがたっているなら、消費者金融を使うといいでしょう。


利用限度額について~厳しいのはどっち~

消費者金融には、賃金業法という、融資についてさまざまな規制をする法律が設定されています。
そのうちの一つが「総量規制」です。これによって、消費者金融は利用者の年収の3分の1以上を貸し付けることができなくなりました

しかし銀行にはこの賃金業法が適用されないため、年収の3分の1以上の借り入れが可能となります。
多額の融資が必要な場合には、低い金利で銀行カードローンを利用するといいかも。


在籍確認方法~会社への電話を避けるなら~

銀行カードローンでは必ず行われる在籍確認。必ず職場に電話がかかってきて、在籍確認が行われます。
お金を借りることが周りにバレるのはなんとしてでも避けたい!」そんな人は多いのではないでしょうか。

135575
最近では、一部の消費者金融では在籍確認が不要になっているようです。
その場合には社員証明や健康保険証などの書類のみの提出で問題ありません。これなら会社の同僚や家族にバレる心配も減って安心
融資額が低ければ低いほど在籍確認が不要になる確率が高いようですが、あらかじめ電話連絡等の際に伝えておけば、例外として不要にしてくれる消費者金融もあるようです。
どうしても不安な人はあらかじめキャッシング会社へ確認してみましょう。


消費者金融vs銀行カードローン

こんな人は、消費者金融の利用がおすすめです。

・早く融資を受けたい人
・融資額が少ない人
・学生やフリーター

上記比べて、こんな人は銀行カードローンを利用するのがいいでしょう。

・融資額が高額な人
・とにかく低金利で借り入れを行いたい人
・社会的な信用のある人

それぞれの違いを理解して、自分に合った方法でキャッシングを使いましょう。


次の記事:消費者金融の選び方