三井住友銀行カードローン

>数少ない大手銀行系カードローンの一つでもある三井住友銀行カードローンは、低金利そして高限度額でのキャッシングが可能です。また審査のスピードも速く即日融資にも対応しています。そのため急な出費があっても利用きるなど非常に利便性の高いカードローンと言えます。


銀行系の大手消費者金融の一角・三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン-468_60-20150302
三井住友銀行カードローンは銀行系カードローンの例に漏れず、金利は4.0~14.5%となっており低金利での借り入れが可能です。
業界最低水準とは行かないまでも消費者金融の最大金利は概して18%となっているので、三井住友銀行カードローンの金利は十分に低金利であると言い切れるでしょう。
定期的な収入源のある人なら誰でも申し込みが可能でパート/アルバイトでも借り入れができ職業を問わず利用できるカードローンです。

カードとお札

また三井住友銀行カードローンは即日融資に対応している、数少ない大手銀行カードローンの一つでもあります。即日融資が可能な他の大手銀行カードローンは他に新生銀行カードローンレイクと三菱東京UFJ銀行カードローンの二つのみです。
審査時間は最短30分で三井住友銀行の口座を持っていなくてもカードローンのご利用が可能です。さらに限度額300万円以内であれば収入証明書の準備もいりません。
急な出費が発生した場合も便利に利用することができる銀行系カードローンです。


三井住友銀行カードローンは手数料無料でATMを利用できる!

多くの消費者金融では他社のATMを利用する場合、105~210円の手数料が徴収されます。
しかし三井住友銀行カードローンは手数料が無料になるATMが多いという特徴も備えています。
手数料がタダになるのは三井住友銀行のATMだけではありません。ファミリーマートのイーネットATM /セブン銀行 /ローソンATM など、どこにでもあるコンビニのATMも手数料無料で利用することが可能です。
利息分の他にかかる手数料を無くすことができる分、返済の負担もさらに軽減することができるので節約にも便利なサービスであると言えます。


三井住友銀行の口座を持っているとメリットが増える!

082058

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座を持っていなくても利用することができますが、口座を持っている事でさらに便利なサービを利用することが可能となります。
口座を持っていると インターネットバンキング(SMBCダイレクト)でのお申し込みが可能となり面倒な手続きを省略することができます。
こちらのご利用では返済用預金口座が自動的に登録されます。
またキャッシュカードでの借り入れができるので、カードの受け取りまで待つ必要もありません。
このように三井住友銀行の口座を持っていれば、審査が終了次第すぐにキャッシングができるようになります。


三井住友銀行カードローンの申し込みと返済方法

【申し込み】三井住友銀行カードローンの申し込み方法は以下のように複数用意されています。
銀行カードローンの中では珍しく自動契約機が利用できるという特徴があります。
・インターネット
・店頭窓口
・銀行店舗内のローン契約機
・電話
・郵送

※申し込みの流れ
1)申し込み
2)審査開始
3)メールまたは電話で審査結果を通知
4)カードの受け取り
※カードは郵送またはローン契約機のいずれかの方法で受け取ります。
5)借り入れ開始

ネットから申し込み

【返済】
三井住友銀行カードローンの返済方法は3つに分かれます。
◆ATMでの返済(※以下提携ATM)
三井住友銀行
ファミリーマートのイーネットATM
ローソンATM
セブン銀行ATM
ゆうちょATM

◆振り込みでの返済
カードローン口座への振り込みでの返済となります。
銀行振り込みでの返済の場合は手数料が発生します。

◆口座振替での返済
こちらの返済方法は三井住友銀行に口座をお持ちの方に限ります。指定した口座から毎月自動引き落としでの返済となります。
またご利用には別途カードローンの返済用預金口座に指定する手続きをする必要があります。
三井住友銀行カードローン-468_60-20150302